探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

興信所と探偵の違いって?依頼する前に知っておくべきことを解説

「不倫の証拠をつかみたい」「探している人がいる」と業者に調査依頼しようと探していると、「探偵事務所」や「興信所」といった表記を見かけるのではないでしょうか。どちらも依頼者の要望に沿って調査する業者です。歴史を紐解くと調査内容が異なりますが、現在では、探偵事務所も興信所も違いはさほどありません。ここでは、探偵事務所と興信所について解説します。

興信所と探偵の違いって?

まず始めに興信所と探偵の違いについてご説明します。

興信所と探偵事務所には明確な違いがない

現在のような探偵業は岩井三郎という元刑事が基盤を作ったとされています。刑事だった岩井は探偵として調査する際に、尾行・張り込み・聞き込み・内偵といった刑事時代に使っていた手法をそのまま取り入れました。探偵業では現在もそういった手法が使われています。

一方、興信所は探偵業とは違ったルーツで始まります。明治維新後、商工業が盛んになり、企業間の取引が重要視され、取引先の信用調査の需要が高まりました。これを受け、当時の日本銀行理事の外山修三が「商業興信所」を設立したのが始まりです。

興信所は企業の調査が多い

先ほどご紹介した通り、興信所が設立された当初は企業に対する信頼調査が大きな役割でした。その名残が現在も残っており、興信所は企業関連の雇用・取引先の信用調査などを得意とします。探偵事務所が尾行や張り込みといった現地調査を得意とするのに対し、興信所は、主に聞き込みの手法を用いて調査を進めます。

探偵事務所は浮気調査が多い

探偵事務所が受ける案件の多くは個人からの浮気調査です。浮気調査は対象者の行動を尾行や張り込みによって監視し、不貞行為の証拠を集めます。

また、多くの探偵事務所では浮気調査以外にも行方調査や信用調査など幅広い内容に対応しているので、興信所と業務が重なります。

料金の違いは?興信所と探偵どちらを選ぶべき?

これまで探偵事務所と興信所の違いについて解説してきました。続いて、探偵事務所と興信所に支払う費用の違いについて解説します。

値段は一概にはいえない

昔は探偵業と興信所の役割は分かれていましたが、今ではそれほど違いがありません。

このようなことから、どちらを選ぶかよりも「どんな人に何の依頼をする」か考えるべきです。費用の設定は各事務所によって異なるので、企業を比較して決めてみてはいかがでしょうか。

どの業者を選ぶかがポイント

探偵と興信所にそれほど違いがなくなった現代において、より自分の悩みに寄り添って調査してくれる探偵を探すかがポイントです。最近では、オンラインで無料相談してくれる事務所もあるので、自分に合った探偵を探してみましょう。

こんな探偵興信所には注意!業者を選ぶ3つのポイント

最後に、興信所や探偵事務所を選ぶ際に注意すべき3つのポイントについて解説します。

連携している弁護士を紹介

探偵業だけではなく、弁護士以外の業者が弁護士を紹介することは「非弁連携」(弁護士法違反)の可能性が極めて高いです。最近はこの手口を使う業者が増えているので注意してください。また、以下のような広告にもお気をつけ下さい。

・弁護士と連携

・お客様に顧問弁護士を紹介します

・弁護士の紹介は無料です

・探偵事務所のホームページに弁護士の名前や顔写真を掲載

明確な料金システムではない

探偵興信所の主な料金プランは「時間制」「パック制」「成功報酬性」の3つに分かれています。ここで注意したいのは「成功報酬制」の条件です。例えば、浮気調査において調査対象者と浮気相手の不貞行為に関する証拠をつかむのが目的だとします。そうした場合、追跡調査などを実行しますが、単に対象者を見失わなければ「成功」した部類に入れる業者も存在します。このように本来の目的をきっちり行わず、業者本位の成功報酬制をとるケースがあるので、調査依頼するときは必ず注意しましょう。

「業界最安値」や「着手金0円」といった誇張した表現

探偵興信所の広告に記載される巧みなキャッチフレーズや建物の立派さに惑わされないようにしてください。インターネットが普及してから探偵業法の施行と合わせ、悪質な手口も変わってきています。

最近では、「弁護士」「成功報酬」「格安料金」といったキーワードを用いた広告や宣伝が多く、そのような業者には特に警戒してください。

調査を正確に行うためには適正な料金が必要です。格安料金を打ち出している業者の中には見積もりの段階では安い値段を提示し、後から高額な料金を請求する人もいますので、十分ご注意ください。

「債権を回収します」という業者

探偵が債権を回収したり、お金を取り戻したりする行いは非弁行為で弁護士法違反に該当します。このような業者は絶対に避けましょう。

探偵の業務は調査対象者の行動や所在を調べることと資産や債務などの信用情報の状況を調べることまでです。お金を取り戻すなどといった行為はできません。

怪しい業者にはご注意を!

これまで探偵興信所の違いについて解説してきました。昔は、それぞれが違った役割を担っていましたが、現在では業務内容にそこまで違いがないことがわかりました。

業者に調査依頼したいときは問題を早く解決したいと気持ちが焦っているかもしれませんが、探偵興信所の中にはあくどい業者も存在するので気をつけましょう。

探偵興信所PIOは難しい案件にも対応しています。相談は無料でおこなっているので、ぜひ気軽にご相談ください。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら