探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

結婚調査は必要?興信所の調査方法と相談するときのポイントを解説

恋人との関係が進展し婚約。おめでたいことですが、結婚相手の不審な言動が気になって、このまま結婚してもよいか不安を抱く方もいるのではないでしょうか。興信所でおこなう縁談の相手を探る結婚調査とはどのような調査なのでしょう?

本記事では興信所による結婚調査について紹介します。興信所の調査方法や調査できること、できないことに加え、相談のポイントも解説。結婚相手の調査を考えているなら、ぜひ最後まで読んで検討してくださいね。

興信所による結婚調査とは

結婚調査とは結婚を考えている相手、結婚が決まった相手の素性を明らかにする素行調査です。結婚相手の不審な言動を目にしたとき「本当にこの人と結婚して大丈夫だろうか」と心配になる方もいるでしょう。

また結婚調査をおこなう対象者は結婚相手だけではありません。結婚相手の家族や親せきなども調査対象にできます。結婚相手を信用できず、事実を確認してから結婚に踏み切りたい方が興信所に依頼するケースが多いようです。では興信所の結婚調査について詳しく解説します。

結婚調査は理想の結婚生活のためにする調査

理想の結婚を求め、結婚相手の調査を興信所に依頼するケースがあります。学歴や勤務先、経済面などが本人の申告と同一かどうかを見極めるためにおこないます。せっかく縁あって生涯の伴侶として夫婦になるのですから、想定外の事態での離婚は避けたいもの。

初婚だけでなく中高年の再婚者が依頼する場合も多いです。事前に結婚調査をおこない、子どもの有無や生活環境、借金を抱えていないかどうかなどを調べます。

結婚調査の対象者は?

結婚調査の対象者は、主に結婚相手ですが、結婚相手の家族や親せきなどを調べることも可能です。家柄や育った環境、兄弟の有無などを調査します。たとえば万が一、結婚相手本人、またはその家族に借金やDVの前歴などがあった場合、結婚後に影響がないとはいいきれません。

また興信所に結婚調査を依頼するのは本人だけでなく、娘や息子の結婚を不安に思う両親が調査を依頼する場合もあります。

結婚調査が必要なのはどんなとき?

結婚調査は、結婚相手の言動に不信感を抱いたとき興信所へ依頼するようです。結婚相手が自分に話した内容が、事実かどうかを確かめます。

たとえば家族や友人になかなか会わせてもらえなかったり、結婚の日取りを決めても延期されたりした場合、経歴詐称や隠しごとの可能性が浮上します。

本人が結婚相手に恋愛感情を持っていると、結婚相手を信用したい気持ちから多少の違和感があっても調査の依頼に踏み切れないことも。そのため本人を心配した家族や周囲の人が、本人の代わりに興信所へ依頼する場合もあります。

結婚調査の方法は?調査でわかること・できないこと

興信所の結婚調査方法は、興信所独自のデータの使用や聞き込み取材などの方法が主流です。公正な調査により結婚相手の人柄や交友関係、学歴などを探ります。

ただし興信所に依頼すればなんでも完璧にわかるわけではありません。個人情報保護法やプライバシーの侵害など、法律に抵触する調査は興信所ではできません。詳しく見ていきましょう。

興信所がおこなう結婚調査の方法

興信所の結婚調査にはオープンソースデータをもとに調査する方法があります。オープンソースデータとは、公開されている個人データのことです。たとえばポイントカードなどを作成した際、個人情報が名簿業者や情報機関に任意提供されることがあります。

興信所では、インターネットによる調査があります。対象者のSNSなどから本人の行動や趣味嗜好を調べる方法です。場合によっては興信所独自のデータベースを使用し、依頼者の知らない対象者の情報を掴むべく調査します。

これは「個人情報保護法・第23条第2項」により認められた調査方法ですが、誰でも照会できるものではありません。また聞き込みでの調査もおこないます。調査対象者の勤務先などに直接おもむき、交友関係や対象者の評価などを探る方法です。興信所の人物と知られないように仮の目的を使って調査をおこないます。

興信所の結婚調査でわかること

興信所による結婚調査でわかるのは以下の内容があります。

●育った環境

●婚姻歴

●健康状態

●趣味・嗜好

●交友関係

●職歴・学歴

●借金の有無

●過去に事件などを起こしていないか

●浮気しているかどうか

たとえば結婚が決まった相手と交際中に、お金を要求されたことはありませんか?使い道が両親の入院や事業拡大の資金だと申告され、その内容が正しいか判断するために結婚調査を依頼するケースがあります。

もし相手がギャンブルを趣味とし、浪費癖があった場合、結婚後にトラブルを引き起こすかもしれません。

興信所が結婚調査でできないこと

興信所の結婚調査では、社会的差別に関連する情報やプライバシーの侵害、個人情報保護法に触れる情報は調べられません。

興信所が調査可能なのは、あくまでも法律に抵触しない領域です。前述した聞き込み取材や張り込みなどによって、消費者金融などへの出入りが判明し借金の有無がわかる可能性はあります。しかし「では具体的にいくら借金があるのか」などの金融機関、個人信用機関に問い合わせる必要のある情報は、興信所に照会する権限がなく取得不可能です。

また戸籍や住民票などは、本人や家族しか開示できないため興信所では取得できません。

結婚調査を興信所に相談するときのポイント

興信所の結婚調査を検討した際、あれもこれもと知りたい相手の情報があふれてしまう方も多いでしょう。依頼するときは調査内容を明確に絞っておくことが大切です。

またあなたが現時点でわかっている相手の情報があればまとめておきましょう。どんな小さな内容でも調査に影響する可能性があります。

このとき相手に気づかれないように注意することも大切です。もし相手に調査していることがバレると、結婚が破談になりかねません。では興信所に相談する際のポイントを紹介します。

知りたい内容をはっきりさせる

結婚調査は知りたい内容が多いほど調査が長引き、その分費用もかかります。あなたが結婚相手に対し気がかりなことはどのような内容でしょうか?

なるべく調査期間や費用を抑えたいのであれば、調査内容の範囲をある程度絞って依頼するのがおすすめです。

事前に相手の情報を集めておく

興信所はあなたから提供された情報を頼りに調査をスタートさせます。まったくわからない状態から調査をはじめるよりも、相手の情報が少しでもわかれば調査の期間は短くなり、早く結果を知れる可能性が高まります。

相手に気づかれないようにする

結婚調査を依頼することを相手に悟られないように注意しましょう。もし気づかれると普段とは別の行動をとる可能性があり、結婚相手本来の姿を知るのが難しくなるかもしれません。

また調査に気づいた相手が調べられることを不快に感じた場合、結婚が破談になる可能性があります。相手の情報を収集するときや依頼した後は、できる限り普段通りの態度で接することを心がけるのが大切です。

複数の興信所で見積もりを依頼する

結婚調査をおこなうと決めたなら、1社に絞らず2~3社の興信所に相談し見積もりを依頼しましょう。興信所によって料金や調査期間が変動するので、あなたに合った興信所を選ぶのがおすすめです。

なかには悪徳な興信所もないとはいえません。あなたの話を聞く姿勢や調査結果が出てからアフターフォローを実施しているかなどを比較する必要があります。わからないことは質問し、納得できる内容を提示する興信所と契約しましょう。

婚約相手に不信感を抱いたら興信所に相談しよう

生涯の伴侶を得られる喜びを噛みしめて結婚したのに、いざ結婚するとトラブルに巻き込まれて離婚。そんな悲しい思いをしないために結婚調査があります。大切な人を怪しむのは苦しいことですが、今後の長い人生を共にする相手を「信じるために疑う」という考え方もあるのではないでしょうか。

私たち探偵興信所PIOなら、あなたが抱く心のモヤモヤを解消するお手伝いができるかもしれません。まずは気軽に無料相談してみませんか?あなたからのお問合せをお待ちしています。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら