探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

【方法】探偵は人探し調査をどう行っているのか。詳しく解説

探偵の仕事の1つとして、「人探し調査」があります。

人探し調査には「家族がいなくなった」「本当の親に会ってみたい」「友人や恋人が行方不明になった」など、さまざまな依頼が舞い込みます。

ここまで読まれた方で、下記のような疑問や悩みを持っている方はいませんか?

「どうやって調査しているの?」

「本当に見つかるの?」

「探偵に人探しを依頼したいけれど不安…」

本記事では、このような疑問や悩みを解決するために、探偵が行う人探し調査の方法や依頼するタイミング、本当に見つかるのかなどについて詳しく解説していきます。

本記事を読む具体的なメリットは下記の3つです。

・探偵が行う人探し調査の方法が分かる

・人探し調査は100%見つかるのか分かる

・具体的な調査内容を知ることで探偵に対して安心感が得られる

それでは解説していきます。

探偵が行う人探し調査の方法

ここからは、探偵が行う人探し調査の方法を解説していきます。

探偵事務所によってやり方は若干異なることもありますが、人探し調査では主に下記のような調査方法を行っています。

・聞き込みや張り込み

・パソコンやSNSなどのインターネット情報を調査

・チラシやポスターを配布

それでは1つずつ解説していきます。

聞き込みや張り込み

皆さんが持っている探偵へのイメージで一番多いのは、おそらく聞き込みや張り込みなどの人海戦術でしょう。

実際に聞き込みや張り込みは、探偵の代表的な調査方法の1つです。

調査対象者の交友関係を洗い出し、友人などから調査対象者がよく行く場所や、よく会っている人などの情報を聞き出します。

また、目撃証言をもとに調査対象者が出没しそうな場所で張り込みを行うこともあります。

そして、調査対象者を見つけ次第尾行し、居場所を突き止めます。

パソコンやSNSなどのインターネット情報を調査

パソコンの中身を確認します。

パソコンの使用履歴から、行方が分からなくなった理由や事件性などの詳細を割り出せる可能性があります。

ほかにも、最近ではスマホのSNSも確認します。

最近はLINEやTwitterなどのSNSを利用している方が多く、調査対象者の友人関係がすぐに分かるので、人探し調査において有効な手段となります。

チラシやポスターを配布

皆さんが持つ探偵のイメージとは違うかもしれませんが、調査対象者の情報を載せたチラシやポスターの配布を行うこともあります。

主に情報提供が期待できそうな場所で配布を行い、目撃情報が来るのを待ちます。

ほかにもポスターをデータ加工してSNSにアップして反応を待つなど、SNSを利用した調査方法もあります。

探偵に人探し調査を依頼するときはどういう時?

そもそも、探偵に人探し調査を依頼するのはどういうときなのでしょうか。

警察に依頼した方がいつでも捜索願を受け付けてくれますし、一般的には探偵よりも信頼感がありますよね。

ここからは、探偵に人探し調査を依頼するのはどういうときなのかを解説していきます。

警察が動いてくれなかった

警察は随時、捜索願を受け付けており、誰でも気軽に捜索願を提出できます。

しかし警察は、捜索願の出ている人全てを積極的に捜索してくれるわけではありません。

警察は、捜索願が出ている人を下記の2つのカテゴリに分類しています。

・一般家出人

・特異行方不明者

一般家出人に分類される方は、自分の意志で家を出たとされる成人以上の方が分類されています。

一方、特異行方不明者とは、小学生などの子どもや認知症の高齢者など、1人での生活が難しい方や、誘拐などの事件性がある方が分類されています。

捜索願を出しても、捜索してほしい方が一般家出人に分類されてしまったら、警察はなかなか動いてくれません。

このような場合には、すぐに探偵に調査を依頼するようにしましょう。

最後の砦になるのが「探偵」

「警察に依頼したけど捜査してくれない」

「自力で探そうにも難しい」

このような時に、最後の砦となるのが探偵です。

探偵の人探し調査は、警察の捜査とは違って費用がかかりますし調査規模も小さいです。

ですが、警察では捜査してくれない案件を探偵が代わりに調査してくれるので、困ったときの助け舟となるでしょう。

私たちPIOの人探し調査の金額は、下記のとおりです。

素行調査(調査料) 40,000円~

人探しに関するよくある質問

ここからは、人探し調査に関するよくある質問を解説していきます。

探偵の人探し調査は絶対成功する?

正直に言うと、探偵の人探し調査は絶対成功するとは言い切れません。

依頼者がどれだけ調査対象者の情報を提供できるかや、行方が分からなくなってどれぐらい経つのかでも調査の成功率は大きく左右されます。

スピードが重要になってくるので、行方が分からなくなったら、なるべくすぐに依頼をするようにしましょう。

仮に「絶対に見つけます」と謳っている探偵事務所があれば、誇大広告の可能性があるので注意が必要です。

調査したい人の名前が分からない

探偵は調査したい人の名前が分からない場合でも、捜索を依頼できます。

しかし、調査対象者の情報があまりに少ないと、見つけることが出来ない可能性もありますのでご了承ください。

なるべく詳細に情報を提供することで、調査を成功させる可能性が上がります。

自分で探す方法ってある?

個人で行うには膨大な時間と労力がかかってしまいますが、人探し調査は自分で行うことも可能です。

具体的な調査方法は下記のとおりです。

・情報提供者が見つかるようにSNS上で拡散する

・ポスターやチラシの作成・配布

・知人などに聞き込みをする

問題が大きくなる前に無料相談を受けてみよう

いかがでしたか。

今、もしもあなたが家族や友人がいなくなって困っているのなら、なるべく早く人探し調査を開始しましょう。

いなくなってしまった家族や友人に、何か問題が起きてしまってからでは遅いです。

私たちPIOでは、人探し調査に関する相談やお見積りを完全無料で受け付けています。

「事件性はなさそうだけどちょっと心配」

「警察がなかなか捜索してくれない」

「費用がかかることを懸念している」

このような方は、まずはPIOにご相談されてみてはいかがでしょうか。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら