探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

ストーカー対策を探偵に依頼してできることとは?警察との違いは?

ストーカー被害に困っている方の中には、どのような対策をするといいか分からないという人もいるでしょう。探偵に相談することで、ストーカー対策となる場合があります。

今回は、探偵に依頼してできることや探偵と警察との違いを解説していきます。この記事を読めば、探偵に依頼してできる対策が分かるでしょう。

ストーカー被害で悩んでいるなら

まずは付きまといや待ち伏せなどストーカー被害に悩んでいる人が、すぐにするべき対策方法をご紹介していきます。

初めてのストーカー被害でどう対処すればいいか検討が付かない方は、参考にしてみてください。

まずは警察に相談

最初に警察へストーカー被害についての相談をしましょう。被害届を出せば、警察が捜査してくれる可能性があります。捜査の結果警察がストーカーを取り締まれば、ストーカーも迷惑行為を止めてくれるでしょう。

被害届に証拠が必要なことも

警察に被害届を出す際、証拠がないと受理されないことがあります。どのようなストーカー被害であれば警察が取り締まりしてくれるのか明確な線引きはありません。

しかし、現実的には、危険だとはっきりわからないと被害届を受理してくれない、動いてくれないケースが多いです。

無言電話の録音やストーカーからの手紙があれば、処分せず警察に提出した方が被害届を受理してくれる可能性が高まります。

証拠集めは探偵への依頼がおすすめ

自分の力だけで証拠を集めようとすると、精神的に辛かったり、上手く行かったりするものです。

そのような場合は、探偵にストーカー対策を依頼するといいでしょう。ストーカー調査のプロがいる探偵事務所では、上手く証拠を集められます。

探偵に依頼すれば、捜査や示談で有利に立てる決定的な証拠を抑えられるでしょう。

警察に相談したけれど上手くいかないときは、探偵への依頼がおすすめです。

探偵にストーカー対策を依頼してできること&警察との違いは?

探偵への依頼が初めてという方は、探偵に依頼するとどのようなストーカー対策ができるか分からないと悩んでいるかもしれません。ここからは、探偵に依頼してできることと警察との違いを解説していきます。

探偵と警察の違いを理解したうえで依頼すれば、効率的なストーカー対策ができます。

ストーカーの素性調査

探偵に依頼すると、ストーカーの素性が分かります。探偵は、尾行や張り込み調査などで相手の名前や勤務先を調査します。ストーカーが誰か見当が付かないときは、探偵に調査を依頼するといいでしょう。ストーカーの素性が分かれば、被害届の受理や示談交渉などが進みやすくなります。自分でストーカーが誰なのか調べられないときは、探偵への依頼を検討してください。

ストーカー被害の証拠集め

ストーカー被害の具体的な証拠集めの依頼もできます。ストーカー被害の有力な証拠は、

・ストーカーの写真や録画映像

・ストーカーから届いたもの

・ストーカーからの連絡履歴

・ストーカーが原因で病院に行ったときの診断書

などです。探偵は、過去の実績からストーカー対策で有効な証拠は何か熟知しています。依頼することで、効率的に証拠を集めたり、1人では集められない証拠が手に入ったりします。

ストーカー対策に不慣れでどうすればいいか分からない人も、探偵に相談してストーカー対策で必要な証拠を集めてもらいましょう。

探偵は警察と違いストーカーに直接注意はできない

探偵は、警察とは違いストーカーに直接注意したり、接近しないようにしたりは命令できません。民間の調査機関である探偵には、警察のように刑事事件を取り調べたり、逮捕したりする権限はありません。

探偵がストーカーの身元を突き止めたとしても、ストーカー被害はなくならないでしょう。

直接注意した欲しい場合は、警察に動いてもらう必要があります。

探偵にストーカー対策をお願いした後は

探偵にストーカー対策を依頼した後で、できることを解説していきます。探偵に依頼した後どのように行動すれば被害を少なくできるか分かるようになるでしょう。

警察に再度相談

探偵から入手した証拠を持って、警察に再度相談に行ってください。以前相談したときよりも証拠が揃っている分、被害届が受理される可能性が高いです。

警察が事件性ありと判断すれば、相手に取り調べしてくれたり、自宅周辺を入念にパトロールしたりとより効果的な対策が取れます。

弁護士に相談

探偵のおさえた証拠は、弁護士に相談する際にも役立ちます。弁護士は、書面や法的手段でストーカーに対処できます。身の危険が迫っていると判断した場合、弁護士が警察に同行して捜査を促してくれるケースも少なくありません。弁護士に依頼する際にも、探偵の調査があればスムーズな対策が取れるでしょう。

示談

警察で立件できないときも、ストーカーと示談して金銭的な解決を目指すことができます。探偵が調べた決定的な証拠があれば、有利に示談交渉が進みます。最終的には示談も検討している方は、探偵に正式な調査を依頼することがおすすめです。

まとめ

探偵にできるストーカー対策は、主にストーカーの調査と証拠集めです。警察に被害届を出す際に有効なため、警察が動いてくれないときに活用するといいでしょう。ストーカー行為には、早めの対策が必要です。まずは、探偵に相談して今後どのように動くといいか考えてみるといいでしょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら