探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

興信所とは?探偵とはどう違うのかを歴史や法律からじっくり解説

インターネットで「調査を依頼」と検索すると、興信所と探偵事務所が出てきます。

興信所と探偵では何が違うのでしょうか?その違いについて、歴史、法律からじっくり解説します。

興信所とは

最初に興信所とは何かを解説します。

調査を仕事とする機関を興信所と呼ぶのは明治時代からの歴史に由来します。

「興信所」という言葉の意味

【明鏡国語辞典】では、興信所を「依頼に応じて個人や法人の信用・財産を内密に調査する民間の機関」と定義しています。

この意味からすると興信所の行う調査とは信用調査になります。

英語では【credit agency=クレジットエージェンシー】現在では信用調査機関と訳されています。

クレジットエージェンシーという言葉が入ってきた明治時代に興信所と翻訳されました。

興信所の歴史

クレジットエージェンシーは1830年にイギリス人ペリーによって始められたと言われ、日本では明治25年(1892年)に設立された【商業興信所】が元祖です。

商業興信所は日本銀行と地元有力金融機関の共同出資で設立された公的機関で、大阪で外山脩造が開業しました。

明治33年(1900年)に後藤武雄によってはじめて民間の興信所【帝国興信所】が設立されましたが、創業当時は信用調査の需要がなく経済専門誌の発行をしていました。

日露戦争後の好景気を背景とした企業設立ブームによって、企業信用調査の仕事が一気に増えました。帝国興信所は企業の信用調査をするうちに、個人向けの探偵業務も引き受けるようになりました。それから興信所も探偵業務を行うようになったのです。

現代の興信所

以上のような経緯から、現代の興信所では信用調査だけでなく、探偵事務所が行うような、身辺調査、行動調査、家出・失踪者捜索調査なども行うようになりました。

つまり、現代の興信所と探偵事務所の仕事内容は同じで、区別はありません。

探偵とは

探偵はフィクションの世界では有名です。

現実世界の探偵という言葉の意味や歴史を知っている人は少ないのではないでしょうか?

探偵という言葉の意味や歴史をひもといて、現代の探偵と比較してみます。

「探偵」という言葉の意味

【明鏡国語辞典】によると探偵は「ひそかに他人の行動や内情をさぐること。ひそかに犯罪事実や犯人をさぐりあてること。またそれを職業とする人」と定義されています。

探偵と言えば、ドラマの名探偵のようにのようにあからさまに犯人を言い当てるイメージがあります。

しかし、辞典の解説でも「ひそかに」の言葉が目立つように、現実の探偵は調査をけして人に知られてはいけません。フィクションの世界の探偵は本来の意味からかけ離れています。現実の探偵の方が探偵という言葉本来の意味に近いようです。

探偵の歴史

世界の歴史ではじめて探偵が登場したのはフランスです。

ウジェーヌ=フランソワ・ヴィドッグはもともと刑務所から何度も脱獄を繰り返す

犯罪者側の人間でしたが、のちにパリ警察の密偵になりたくさんの手柄をとります。

最終的にはパリ警視庁の前身である国家警察パリ地区犯罪捜査局のトップにまで上り詰めます。

そこから個人事務所を確立し世界初の探偵となりました。

フランス語のDétectiveが英語表記Detective(ディテクティブ)となり、探偵と翻訳されました。

ヴィドッグの調査方法は裏社会の人脈を活かした犯罪に近しい手法だったようです。

正当な職業として探偵業を確立したのは1850年にアメリカのアラン・ピンカートンが創設した「ピンカートン探偵社」でした。

一方、日本では、「探偵」と言う言葉は江戸時代から同心や岡っ引きなど「捜査員」を示す言葉としてつかわれ、明治以降になっても刑事や巡査は探偵と呼ばれていました。

明治20年以降に日本にも私立探偵が登場するようになり、刑事・巡査と私立探偵と区別する意味で探偵と呼ばなくなったそうです。

日本最初の探偵事務所については諸説あります。現在のところ発見されている最も古い記録は、明治24年(1981年)の朝日新聞に掲載された「帝國探名會」の捜索・行動調査の広告のようです。

また明治28年(1895年)に元刑事の岩井三郎が設立した探偵社が一番古い探偵社だという説もあります。

現代の探偵

明治時代の民間の探偵社は岩井三郎をはじめ、元刑事が設立していたこともあり、警察の人脈を活かした情報収集や、違法な方法の調査も行っていたようです。

現在の探偵は探偵業法に基づいて、法を遵守した方法で調査を行っています。

興信所と探偵の違い

それでは興信所と探偵事務所のどこに違いがあるのでしょうか?

探偵業法は興信所も含む

興信所と探偵事務所は、平成18年に施行された【探偵業の業務の適正化に関する法律】いわゆる探偵業法を遵守することが義務づけられています。また開業する際には都道府県の公安委員会への届け出が必要です。

探偵業法では探偵業を下記のように規定しています。

「他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務を行う営業をいう。」

探偵業法で規定された業務を行うという意味では、興信所と探偵事務所は全く同じです。

調査できないことはどちらも同じ

興信所も探偵事務所も探偵業法に準じた調査を行っています。ですから、法律に違反するような調査を行うことはありません。

具体的には、

・別れさせ工作

・復縁工作

・復讐代行や復讐を手助けする行為

・非合法なルートでの情報入手

・盗撮・盗聴

・本人を偽っての個人情報の入手

・差別に関する調査

・ストーカー・DV加害者のために被害者の情報を調査すること

違法な調査を引き受ける興信所・探偵事務所には注意してください。

料金が安いのは?

激安をアピールする興信所や探偵事務所もありますが、安易に安さにつられ依頼先を選ぶのはおすすめできません。

安い調査料の興信所や探偵事務所には2つの危険があります。

1.質の低い調査で調査自体が失敗する

2.調査そのものを行わない

1の場合、調査費を安く抑えるために、調査員の人数を減らしたり、経験の浅い調査員を派遣したりします。そのため調査自体が失敗に終わる場合もあります。調査目的である証拠が掴めないリスクもあります。

最もひどいのは調査対象者に調査されていることを知られてしまうことです。

調査されていることを知ると、調査対象者は異常に警戒心を抱き、証拠を掴むのが難しくなります。

2.になると調査そのものを行いません。先に着手金や調査料を先払いさせ、後は姿を消してしまうのです。

悪質な詐欺ですが、インターネットだけの情報では、いかにも実在し、活動している事務所に見えるので、素人では見分けがつきません。

あまりに安くて現実的でない調査料は警戒した方がいいでしょう。

探偵と興信所は基本的に同じ

興信所と探偵事務所の違いを言葉の意味や歴史からひもといて解説しました。

歴史と発生こそ違えど、現在では興信所と探偵事務所は同じであることが分かりました。

興信所と探偵事務所の違いを気にする必要はなく、確かな調査が行えるかどうかが依頼先選びのポイントのようです。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら