探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

風俗は浮気?風俗へ行く理由は?離婚するために女性ができることを解説

愛する夫が風俗に通っているとわかったら、妻としては怒りと悲しみがこみ上げてきます。精神状態が不安定になり、夫との離婚が頭をよぎる方もいるかもしれません。

しかし結婚している男性が風俗に行くことは本当に浮気なのでしょうか。風俗は料金を支払って性的なサービスを受けられる場所です。冷静に考えると離婚するためには正当な理由になるのか悩みます。

本記事では夫の風俗通いが浮気になるのか、夫が風俗へ行く理由や風俗を理由に離婚が可能なのかを解説します。

風俗通いは浮気?

風俗は一概に浮気とは言い切れません。たしかにパートナーが風俗に行ったことがわかると女性としてはショックです。しかし男性の風俗通いに理解を示す女性もいます。現在は女性用の風俗もあり、風俗を利用するのは男性だけではないため「男性の風俗利用=浮気」の方程式は絶対ではありません。

よって風俗は正当な離婚事由にならない可能性があります。もし夫が風俗へ行く前から夫婦の仲が冷めきっていたとしたら、風俗は離婚の理由にできないことも。

風俗通いを理由に離婚するには、夫が不貞行為をしていることが前提です。またひと口に風俗といってもお店には種類があり、サービスによっては不貞行為にはならないこともあります。まずは男女間の浮気の認識について見ていきましょう。

浮気は男女で認識の違いがある

浮気のボーダーラインは人によってさまざまです。一概にはいえませんが、男女で浮気の認識に違いがあります。男性の風俗通いを個人的な感情で浮気と断言することはできません。

男性側にとっての浮気は「恋愛感情をもつこと」。料金を支払ってサービスを利用するのが風俗です。浮気ではなく「遊び」として認識する傾向があります。

すべての男性が同じとは限りませんが、男性には子孫を残す本能があります。風俗には性欲を満たすために行くので、お店の女性に恋愛感情は湧かないといいます。

一方で女性は「ほかの女性と関係をもったら浮気」と考える傾向が。そうとらえる女性にとって男性の言い分は屁理屈や言い訳に聞こえるかもしれません。

不貞行為はどこから?

法律では不倫を不貞と呼びます。肉体関係をもった男女のどちらか一方でも結婚していたなら不倫です。実は浮気と不貞行為は似ているようで異なります。

●浮気:愛情や興味が他のひとへ移ること

●不貞行為:配偶者以外の異性と肉体関係をもつこと

夫の風俗通いを離婚の原因とするなら不貞行為でなければ認められません。離婚原因を定める法律「民法第770条第1項第1号」において「配偶者に不貞な行為があったとき」とあります。

つまり肉体関係がないデートや食事なら不貞行為とはいえません。しかしキスは肉体関係に類似した行為とも受け取れるため不貞行為になる場合もあります。

風俗の種類によってサービス内容が異なる

風俗にはさまざまサービスをおこなう店があり、それぞれ業態が異なります。法律的な「風俗営業」とは、性的サービスに限らずナイトクラブやキャバクラなどの飲食やダンスする場などを提供する場所も含まれます。射幸心をあおるパチンコやマージャンも風俗営業に属します。

性風俗は都道府県の公安委員会に「性風俗関連特殊営業」の届け出を提出し、法律的に認められている風俗店です。性風俗に属すお店は以下のものがあります。

●ファッションヘルス

●デリバリーヘルス

●ソープランド

●ピンクサロン

●性感マッサージ

●ハプニングバー

●ストリップ

ファッションヘルスやデリバリーヘルスでは、女性の体を触らせたりキスやマッサージなどのサービスがあります。性交渉は禁止されていますが性交類似行為です。ソープランドでは店内の浴室で体を洗うなどの性的サービスがあります。

ピンクサロンは女性が男性器を口や手で刺激します。性感マッサージも射精をともなうのでどちらも性交類似行為として不貞行為に該当します。

またハプニングバーの女性は店員ではなく客です。ハプニングバーに行くカップルもおり、性行為が黙認されていることもあります。しかし風営法で定められているお店ではどのような場合でも性行為は禁止です。

ストリップに関しては女性がダンスをしながら脱衣していく様子を見るだけの場所なので、性的なサービスはありません。よってストリップは不貞行為にはあたらない可能性が高いといえます。

男性が風俗に通う理由

男性が風俗に行く理由は人にとってさまざまです。すでに夫婦関係が悪化しているなら心の隙間を埋めるために通っている可能性もあります。夫婦仲がよかったとしても夫婦の営みがおこなわれず、不満に感じていることも。

またパートナーには言えない性的な秘密をもっていることかもしれません。多かれ少なかれ、まったく秘密のない人は少ないでしょう。

お金を支払って風俗に行く男性にはどのような理由があるのか、くわしく見ていきましょう。

夫婦関係が破綻している

すでに夫婦が冷え切った関係にあるなら、夫は性欲を満たすためだけでなく肉体的な癒しを求めて風俗に通う可能性があります。子どもが生まれ、妻が母となり女性として見れなくなることもあるでしょう。

長年連れ添いお互いに性的な魅力を感じにくくセックスレスになる夫婦もいます。万が一、夫が風俗へ行く前から夫婦関係が破綻しているなら、風俗を離婚理由にするのは難しいでしょう。

離婚調停や裁判では、夫の風俗通いが原因で家庭が崩壊したことを明確にする必要があります。

妻には言えない特殊な性癖がある

愛しあって結婚した夫婦でも、相手に嫌われたくない思いから本当のことを打ち明けられず秘密を抱えていることもあります。夫に特殊な性癖があった場合、発散できずにストレスがたまっているかもしれません。

風俗ではお金を払って性的なサービスを受けられます。料金が発生することで特殊な性癖による罪悪感を打ち消している人も。他人には理解が得られないと感じた夫が独特な欲求欲求を満たすことでストレスを発散していることも考えられます。

仕事や友人の付き合い

本人の意思ではなくではなく同僚や友人の付き合いで風俗にいくこともあります。たとえば会社帰りに立ち寄った居酒屋で、同僚や友人と性的な話が盛り上がり、その流れで風俗に行くことが考えられます。

世の中には風俗を利用することにを利用することに抵抗を感じる男性もいます。しかし性格が内気な場合は誘いを誘いを断りきれず、飲み会の空気に飲まれそのまま仲間たちと風俗へ行くことも。

妻にばれたときの言い訳にする可能性がありますが、本当に仕方なく風俗に行く男性もいるのではないでしょうか。

風俗を理由に離婚するために妻ができること

どのような理由があるにせよ、風俗通いによって夫に裏切られた気持ちになり、離婚を考える方もいるでしょう。

たとえ夫が風俗に行ったのが1回だけだったとしても、それが原因で夫婦仲が悪くなったり妻の精神状態が不安定になったりした場合は、家庭の崩壊を招いたとして離婚の理由になる可能性があります。

正当な離婚理由とするためには証拠が必要です。証拠が集まったら夫に事実を確認し、最終的には離婚するか夫婦関係修復するかの2択になります。

夫が風俗通いしているとわかったとき、妻ができる行動をくわしく紹介します。

夫が風俗に行った証拠を集める

夫が風俗に行った事実を掴んだら、まずは夫が風俗に行った証拠を集めましょう。離婚して慰謝料を請求する際に役立つのが証拠です。お店の会員証やレシート、ポイントカードなどが証拠になります。

もっとも有効な証拠は、夫が風俗店へ入る様子を写真に収めることです。しかし夫が風俗店へ行く日時がわからない場合、ひとりで尾行や調査ができない場合は探偵に依頼するのも手段のひとつ。

まわりに相談できる人がいなかったり精神的に不安定になったりして、あなたひとりでは難しいこともあるでしょう。探偵は証拠集めのプロです。

確実な証拠の入手により慰謝料の請求や裁判が有利になります。

本当に風俗を利用したのか本人に確認する

証拠が不十分なまま問い詰めてもしらをきられる可能性があります。夫が風俗へ通っている証拠が十分に揃ったら、夫に突きつけ事実を確認しましょう。

このときスマホなどで録音しておくと夫が白状した証拠の音声データが手に入ります。確実な証拠がたくさんあれば、裁判や訴訟の際に有利です。

今後どうするかを話し合う

気持ちにまかせて怒鳴ったり泣きわめいたりせず、冷静に夫の言い分を聞きましょう。その上であなたが今後どうしたいのかを考えます。

夫の風俗通いが発覚した当初は頭に血がのぼり、離婚しか道はないと思っていたとしても冷静になれば気持ちが変わるかもしれません。これを機に夫婦関係を見つめなおすこともできます。

事実を踏まえた上で気持ちだけでなく今後の生活のことも考えて話し合いましょう。あなたがどうしたいのか、それが大切です。

確実な証拠を集めるために信頼できる探偵に依頼しよう

夫の風俗通いが発覚したときの、あなたの心痛ははかり知れません。離婚を考えたとしても風俗が不貞行為にあたるとは限らないため、夫が風俗に行ったことを理由に慰謝料をもらうなどあなたに有利な離婚をするためには証拠が必要です。

確実に証拠をおさえて有利に離婚したいなら素行調査、証拠集めのプロフェッショナル、探偵に頼ってみませんか。

私たち興信所探偵社PIOはあなたの味方です。ひとりで悩んでいても何も解決できません。私たちがあなたの問題解決のお手伝いをします。まずはあなたの話を聞かせてください。

ご相談は完全無料です。あなたからのご依頼を心よりお待ちしています。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら