探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

盗聴されているかもしれない……? 自分でできる盗聴器の見つけ方

盗聴されているかもしれない……? 自分でできる盗聴器の見つけ方

「誰にも言っていないはずのプライベートな情報がなぜか漏れている」
「外出先で、特定の人物によく会うようになった」
「自宅周辺にいつも不審な車が止まっている……」

このような事態が起こるようになると、盗聴器が仕掛けられている可能性が高くなります。
しかし、盗聴の可能性に気づいたとしても、盗聴器を見つけることができなければ事態を避けることはできません。
自分だけでも盗聴器を見つけることはできるのでしょうか? 

今回は、盗聴器の種類や見つけ方についてご紹介します。

盗聴器のタイプと狙われやすい場所

盗聴器の種類を大きく分けると、「無線タイプ」「電話回線タイプ」「録音タイプ」の3つです。
「無線タイプ」は室内の音を無線で飛ばすのが特徴で、家にある電源や電池で稼働させるのが一般的な仕組みです。
家の電源を使っている場合には、コンセントに盗聴器が内蔵されているケースが多く、盗聴器とは知らずに長期間使用していたというケースも多くなります。

また、電池で稼働している盗聴器は、見つけにくい場所にも仕込みやすく、手軽に利用できることからも多く使用されているタイプと言えます。
よく仕掛けられる場所を挙げると、コンセントや延長コード、モジュラージャック、室内灯などの電気設備周辺をはじめ、ぬいぐるみや置物、時計など。
とくに、他人からプレゼントされた小物などには注意が必要です。
この他、高い場所にあって注意がなかなか向かない換気扇やエアコン、新聞受けがついているドアなども狙われやすいためチェックしてみましょう。

また、「電話回線タイプ」は電話回線や電灯線に直接取り付けるというもの。無線を使用しないので第三者に発見されにくく、設置には高度な知識が必要になります。
「録音タイプ」は電波を飛ばさず、録音する機器をターゲット付近に置いておく盗聴器です。
録音後は機器を回収する必要がありますが、電波を出さないので気づかれにくいという特徴があり、ボールペンや電卓など身近なオフィス用品に紛れているケースが多く見受けられます。

セルフでの盗聴器の見つけ方

一般的に多く出回っている無線タイプの盗聴器は、「FMラジオが聴けるラジカセ」を使用すると発見しやすくなります。
盗聴器の電波はFMラジオの周波数を使っていることが多いため、ラジカセでFMラジオを流しながら部屋を歩くと、共鳴現象が起こる場合があるのです。

まずはラジカセの周波数を低く設定し、徐々に高い周波数に変えながら室内をチェックしていきましょう。
反応を見逃さないためにも、音量を大きめに設定しておくのがポイントです。手に持っているラジカセとは別の場所からラジオの音が聞こえてきたら、そこに盗聴器が仕掛けられている可能性が高くなります。

また、FMラジオの周波数を使っていない盗聴器の場合は、専用の盗聴器発見機を使用するのがおすすめです。
見つかった盗聴器がコンセントタイプのように自分で取り外せるものなら簡単に外せますが、コンセントジャックや電話回線、保安器などの設備に取り付けられているものは取り外しに資格が必要になります。
盗聴者の手から離れるためにも、いち早く専門業者に依頼しましょう。
興信所のような盗聴器発見のプロに依頼をすることで、他にも別の盗聴器が仕掛けられていないかチェックしてもらうことができます。

近年では、スマートフォンで使用できる盗聴器発見アプリもリリースされていますが、盗聴器はアナログ電波を使用しているものが多いため、スマートフォンで見つけることは困難になります。
「盗聴器があるかも……」と不安になった場合には、FMラジオで調べたり興信所へ依頼をすることをおすすめします。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら