探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

風俗通いは浮気になるの? 争点は「不貞行為」の有無

風俗通いは浮気になるの? 争点は「不貞行為」の有無

お付き合いをしているカップルや夫婦によって「浮気の線引き」はさまざまですが、離婚時の争点にもなりやすいポイントです。
離婚調停を優位に進めるためにも、「法律上の浮気の定義」を覚えておくと良いでしょう。

なかでも「風俗通い」は浮気の争点になることが多く、法的な定義を知っておくことに越したことはありません。
今回はこの「浮気の線引き」について紹介しながら「風俗通いは浮気になるのか」を紹介していきます。

法的な「浮気のライン」はどこ?

浮気の意味は「愛情や興味の対象が変わる」ということだとされています。
確かに女性の中には「他の女性に心を奪われたら浮気」と考えている方も少なくありません。
それがたとえ風俗店であろうと一過性のものであろうと「心が浮ついた時点」で浮気と判断する方も多くあります。

その一方で法的な浮気のラインは「不貞行為があったかどうか」とされています。
不貞行為とは配偶者以外の異性と性的な干渉があったかどうかが重要で、これは離婚原因を定めている民法第770条第1項第1号にも記されています。

「風俗通い」は浮気として認定できるのか


「風俗」は「性的な干渉があるもの」であれば、浮気として法的に訴えることが可能になります。
ただ風俗店といってもさまざまな種類があるため、すべての風俗店への入店が浮気になるとは限りません。

例えば風俗のカテゴリの中には「ストリップ」「SMクラブ」などもありますが、このような業態への入店の情報を掴んだとしても、不貞行為を行っているかどうかが定かではないと判断されがちです。
このためすべての風俗店への入店が浮気として該当するかと言われると必ずしもそうではなく、浮気の線引きが難しいところも少なからず存在しています。

風俗通いが浮気認定できるかどうかは興信所へ相談を


もしあなたのパートナーが風俗通いをしており、かつあなたが離婚を検討しているのであれば、一度その状況を興信所に相談してみることを検討してみましょう。
風俗通いをしている場合は不貞行為がある可能性が高いため、それを理由に離婚することは不可能ではないと思われます。
とはいえまだ「浮気をしている」「不貞行為がある」という事実を情報として入手しているわけではないので、まずは浮気調査をして正しい情報を手に入れるところから始めていきます。

浮気の線引きは家庭によってさまざまですが、法的な対応を取るためには現在の法律が浮気をどのように捉えているのかを知ることが大切です。
今回紹介したように、その中で争点となるのは「不貞行為があるかどうか」になるため、浮気を疑うのではなくまずはこの不貞行為のあるなしを調査することがポイントとなるでしょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら