探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

本当は怖い「GPS」での浮気調査。確実な証拠を入手できるのか?

本当は怖い「GPS」での浮気調査。確実な証拠を入手できるのか?

スマートフォンなどにも搭載されている「GPS」ですが、これを使って浮気調査を自分で行う方もいらっしゃいます。
確かにGPSを使えばターゲットの現在地の情報を把握しやすいというメリットもあるため、効果的なのかもしれません。

しかしGPSにはあまり知られていないポイントもあるため注意が必要です。
今回はGPSが浮気調査の利用として効果的なのかどうか、ご紹介していきます。

GPSを浮気調査として利用するメリット


浮気調査を依頼するのはお金がかかる……と考えている方はGPSの利用を検討する方も多いかと思いますが、実はGPSを利用する上で得られるメリットは、この「予算面」に限られてしまいます。

強いて言えば他のメリットとして「どこに移動しているのかが分かる」といった点も挙げられますが、GPSでは「誰と行ったか」といったところは分からないため、効果は限定的と言えるでしょう。

GPSを使うことで起こりうるリスク

前述したメリットの他に、GPSを利用することはリスクも孕んでいます。
まずGPSは「誰と行ったか」が分からないため、確実性のある証拠にはなり得ないというデメリットが挙げられます。
GPSを利用していても「浮気をしているかもしれない」というところにとどまり、確実に浮気をしている証拠にはならないのです。

次に「浮気を疑っていることがバレる可能性がある」という点が挙げられます。
ターゲットが浮気をしているかどうかを暴くためには、依頼者は極力平静を装うことが大切で、少しでも浮気を疑っている素ぶりを見せてしまうと、ターゲットが警戒するようになります。

例えばあなたがターゲットの浮気を疑い、GPSを使って調査をし、ターゲットが普段通わないお店などに入ると「本当に浮気しているんだ」と考えてしまいがちです。
本当に浮気をしていても、そうでなくても「浮気しているでしょう」と疑いの目線でターゲットと関わってしまうと、それが原因でターゲットは「いつか浮気調査されるのでは?」と警戒心を強めます。
こうなってしまうと証拠を暴くのは難しくなり、浮気調査の日数が増えるなどして、結果的に調査費用が高くなる可能性もあるため、浮気調査は極力プロに任せておくほうが得策といえるでしょう。

そもそもGPSの取り付けは法的に違法になる可能性もあります。例えばGPSの取り付けは家族内では「防犯」を理由として例外とされていますが、家族以外の第三者にGPSを取り付けることは違法です。
このため家族内ではないGPSの使用は逆に依頼者側が訴えられる可能性もあるため控えておくべきでしょう。

GPSの利用は浮気調査と比べて低予算でできると考えられがちですが、トータルで考えると案外そうでもなく、むしろデメリットが目立ってしまいます。
興信所で浮気調査を依頼した方が結果的に確実性のある証拠を掴むことができるでしょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら