探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪・広島】にお任せください。

入籍前の「結婚調査」をするときに押さえておきたい注意点とは

サムネイル

入籍前の「結婚調査」をするときに押さえておきたい注意点とは

「ギャンブル依存症だった」「実は子どもがいた」など、結婚してから発覚しては困ることは意外とあるもの。

結婚とは、その後の人生を一生共にするものですから、100%の安心が欲しいと思うのは当たり前です。
相手のことをしっかり把握して結婚するためには、興信所や探偵に依頼して「結婚調査」をしておくと安心ですよ。

結婚調査では「相手の経歴」「女性関係」「交友関係」「両親について」「勤務先について」など、さまざまなことを調べることができます。
もし結婚調査を依頼するとしたら、どんなことに注意しておくべきなのかを押さえておきましょう。

「結婚調査」をすることは誰にも言わない


もし結婚調査をしていることが相手にバレてしまったら「そんなに信用がないのか」と相手は嫌な思いをするでしょう。
スムーズにことを運ぶためにも、結婚調査をしていることは誰にも言わないようにしなくてはいけません。

たとえ親友や両親など信頼できる人であっても、どこから漏れてしまうか分からないものなので注意が必要です。
結婚調査をすることは自分だけの秘密にしておきましょう。

興信所や探偵の資料を家に置いておかない


興信所や探偵に結婚調査を依頼する場合、どこに依頼するか資料を集めて検討すると思います。
依頼先が決まり次第その資料はすぐに破棄し、パソコンの検索履歴なども削除するよう徹底的な注意をしておきましょう。

契約書や報告書などの資料も相手の目の届かないところに隠しておくようにしてください。
結婚調査をしていることが依頼者から漏れてしまうことはよくあるので、とくに注意が必要です。

自分はいつも通りの行動をする


興信所や探偵に結婚調査を依頼している間は、いつも通りの行動をするようにしましょう。
自分自身も調査に協力しようとしたり、いつもと違う行動をとってしまったりすると相手に結婚調査をしていることがバレてしまう恐れがあります。
平然の態度を心掛けて、相手に怪しまれるような行動は慎みましょう。

何かが発覚しても取り乱さない

結婚調査をした結果、相手の浮気や隠し子など知りたくなかった事実が発覚してしまうこともあります。

もしそのような結果になってしまった場合でも、取り乱さず冷静に結婚するかしないか判断をしましょう。
事実は事実ですが、過去のことで許せるなら見逃してあげるのもアリかもしれません。

また、何かショッキングなことが発覚した際も結婚調査をしたことは言わずに「知人つたいに聞いたのだけど…」とさぐることが注意ポイントです。

人生において最大の決断といっても過言ではない「結婚」を目前にすると、誰もが不安になったり、迷いが生じたりするものです。
その不安を払拭するためにも「結婚調査」はとても便利なもの。
結婚調査をすれば「現在」「過去」を含め、婚約相手のことを詳しく知ることができます。

ただし、思わぬ事実が発覚してしまうこともあるので、心の準備は必要です。
それなりに覚悟をもって結婚調査を依頼するように注意してくださいね。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
お電話でお問合せ メール相談はこちら