探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

その独立怪しくない?!企業側が注意することとは

その独立怪しくない?!企業側が注意することとは

中堅社員が辞職をしたり、契約が切れたタイミングで独立をしたりするということは決して珍しいことではありません。
しかし、その独立は怪しむべきポイントはありませんか?

社員の引き抜きや顧客盗みが目立つようになったとも言われていますが、その理由と企業側が注意するポイントについて紹介していきます。

引き抜きや顧客盗みが増えた理由は?

今まで働いていた職種と同じ職種で独立したいと考える中堅社員も多く、一緒に働いてきた部下の引き抜きや、顧客を持ち出してしまうことはこの先有効に活かせる可能性は高いです。

より待遇を良くすることで、企業から社員を引き抜くことは比較的安易かもしれません。
しかし、顧客名簿などを盗むことは犯罪であり、警察の協力を仰ぐことも可能です。

怪しい人物の行動をよく見る

引き抜きや顧客盗みを考えていそうな人物がいる場合、その人の行動をよく見ておくことがひとつのポイントです。

外回りが中心の場合は少し難しいこともあるかもしれませんが、いつ、誰とコンタクトをとっているかということも重要になります。
たとえば、競合会社とのコンタクトが認められた場合には、独立や引き抜きの可能性もあるでしょう。

社内のPCのチェックも必要ならば行ってみるのもいいでしょう。
もしひとつでも引き抜きや顧客盗みの証拠をつかむことができれば、未然に防ぐこともできます。

顧客盗みはセキュリティの強化

顧客盗みは立派な犯罪ですが、こちらも増加の一途をたどっています。

顧客盗みや機密情報の盗みに関しては、誰もいない時間帯などを狙って行われることが多いようです。
対策としては、定期的にセキュリティの内容を変えながら強化していくことが有効です。

顧客情報などを閲覧したいときは、1人では閲覧できないシステムにして、パスワードなどを設定している場合は定期的に変えるようにしましょう。
また、人が少なくなる時間帯の社員の動向を知るために、オフィス内に防犯カメラを設置することも、見抜くためのひとつの方法です。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら