探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

あなたの家も盗聴されているかも?

あなたの家も盗聴されているかも?

最近帰り道で後を付けられている気がする。
知らない人にのぞかれているような気がする。
知らないアドレスからの電話やメールが増えた気がする。

そんな風に思うことはないでしょうか?
ひょっとして、あなたの家にも盗聴器が設置され、情報が漏れているのかもしれません。

盗聴器を仕掛ける理由とは?

盗聴器を仕掛ける側は、どういった理由で盗聴器を設置するのでしょうか。
設置する側の理由や目的を知ることで対処の仕方も変わり、有効な対策を取ることも可能です。

代表的なものを見てみましょう。

<単純な好奇心から>
実は一番多い理由だといわれています。
この理由では自宅以外にラブホテルへの設置が多いです。
特に自宅に設置される場合はストーカーや恐喝などの犯罪につながることも。

<浮気などの証拠を集めるため>
夫婦や恋人間で、パートナーが浮気しているのではという憶測から、決定的な証拠を掴もうとして盗聴器を設置することがあります。

<犯罪行為目的>
空き巣
盗みに入る下準備として、居住者の生活パターンを調べるために設置します。

計画的な誘拐のため
誘拐犯が盗聴器を設置する場合があります。
どの時間は子どもや女性が1人でいるのか、どの部屋に1人でいるのかなどの情報を集めることが目的です。

<子どもを監視するため>
例えば、子どもが本当に学校や塾に通っているか・子ども部屋でどう過ごしているかなどを監視するために親が設置する場合が考えられます。

中には、子どもが社会人になってからも監視を続ける親もいます。
また、子どものいじめを心配して、学校や保育園・幼稚園に設置をするケースもあります。

<企業の機密情報を盗み出すため>
いわゆる産業スパイ目的でオフィスに設置されることもありますが、それが個人に及ぶこともあります。
新製品や特許などの技術のみならず、顧客情報など様々な情報が標的になります。

盗聴器が設置されやすい場所は?


小型化が進んだ現在、盗聴器はどこにでも仕掛けられる可能性があります。

保安器やクローゼット、コンセントカバーの内側、電話機の電話線、家具の隙間、照明器具、郵便ポスト、マイカー…etcと屋内外さまざまな場所に盗聴器は設置されます。

借家であれば、前の住人が盗聴されていた場合もあるので、より注意すべきです。

盗聴器を見つけるには?

盗聴器を見つけるには、専門の業者に頼むのが賢明です。

自力で検査しても、見つけ出せない可能性や、盗聴器の種類や取り付け位置によっては複雑な工事が必要な場合もあります。

一方で、掃除のついでに怪しいところがないか調べる・不必要に合鍵を作らない・心当たりのない贈り物は受け取らないなど、
誰にもできる対策も多くあります。
日頃から注意のアンテナを張っておきましょう。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら