探偵興信所のことなら株式会社ピ・アイ・オ
【東京・神奈川(横浜)・愛知(名古屋)・大阪】にお任せください。

大切な人を探したい!【人探しの方法】について

大切な人を探したい!【人探しの方法】について

家出をしたり、連絡が途絶えたりして、消息不明になってしまった大切な人を探し出したい。
その人を大切に思うからこそ、安否が気になるのは
当たり前です。

そんな時、どうやって行方が分からなくなってしまった人を探し出したらいいのでしょうか?

今はインターネットという心強い味方がいます。
そのほかにも、意外と知られていない人探しの方法がありますので、その方法について
ご紹介します。

ネット検索を活用する

今や生活になくてはならないものになった
インターネット。
まったく使わずに生活している人もいますが、年齢が若い人ほどネットにつながっている可能性が高いです。

ネットにつながっている限り、その痕跡はネットの上に残りますから、それを見つけていくことで行方が分からない人を探し出すことができます。

公の場で名前を出す機会があった人なら、本名で検索するとなんらかの情報が出てくる場合が
あります。

しかし現在は個人情報に敏感ですから、名前は本人がヒットしたとしても、現在の住所まではわからないものです。

ただし市町村などの大まかな住所までは絞り込めることもあるので、その後の捜索範囲を特定する
ことはできます。

SNSを利用する

ネットで人探しをする場合、人探し用の掲示板やフェイスブックなどのSNSを使うという方法もあります。

掲示板は誰でも見られる環境ですから、呼びかけるには
最適な場所である一方、個人情報を載せてしまうと危険ですので注意が必要です。

SNSは期待できる方法のひとつ。
特にフェイスブックは実名登録が基本ですから、高い確率で本人を見つけることができます。
探す際には、「キーワード」「名前」「メールアドレス」で検索します。

キーワードには住所、出身校、年齢など思いつく限りのものを、名前は名前も漢字だけではなくひらがな、カタカナ、ローマ字でも検索するのがコツ。
アドレスも、いつも使っているものではなく、サブアドレスで登録している可能性があるので、
知っている限りのアドレスで検索をかけます。

インターネット以外の方法

新聞のたずね人の欄に投稿してみるのも手段のひとつ
です。

新聞は購読者が多いのですが、読者の年齢は高めです。
ですから若い人を探している場合は、見つかりにくいかもしれません。

新聞に投稿する際には、高齢者がピンと来てくれるような内容での投稿がおすすめです。

ほかには、テレビの再会支援番組に応募してみる、というのもあります。
しかし、番組として面白くなければならないので、探している理由やエピソードが壮絶なものでなければ、採用されにくいかもしれません。

緊急性がある場合は、警察に届けることは大切です。
しかし、警察がいつも人探しに協力してくれるわけではありません。

個人での人探しは無理だと感じたら、プロに頼むことも考えましょう。
人探し専門の調査会社は、探したい人の名前や生年月日、車のナンバーや携帯電話番号、持ち出したものや人間関係などから行き先を特定するノウハウを持っています。

時間がたつほどに行方はつかみにくくなりますから、人を探したい場合は早めの行動が肝心です。

相談見積りは完全無料です。まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

相談見積りは完全無料です。
まずは、お気軽に興信所探偵社PIOまでご相談下さい

お電話でのお問い合わせ 0120-522-541
メールでのお問い合わせ メールフォームへ
業務拡大につきスタッフ募集中!! 採用情報はこちら